• ホーム
  • 企業アカウントなら持っておきたい!認証バッジの申請方法

企業アカウントなら持っておきたい!認証バッジの申請方法

企業アカウントを作ること自体はそれほど難しいものではなく、誰でも行うことができるものです。しかし、一方で企業アカウントであれば持っておきたいものが認証バッジです。認証バッジはSNSサービスを提供しているところから、そのアカウントが公式アカウントであることを証明するというものであり、公式アカウント化するためには欠かせません。

認証バッジの申請方法はサービスによって若干異なってきますが、規定に従って認証が行われ、電話番号か書類で行うことが可能です。以前は比較的、容易に認証バッジを取得することが可能で、書類さえ整っていればすぐに認証されるものでしたが、一部のサービスではガイドライン見直し中のために申請は一時停止中のところもあります。申請方法が簡単であり、電話番号か書類を使って行うことができることから、反社会勢力やなりすましで取得することが可能であったためです。ただガイドライン見直し中で申請は一時停止中といっても、一般的な個人や企業であれば、この対象とはならないもので再開されれば問題なく規定に則って認証が行われます。

Instagramの場合には設定画面のオプションにある認証をリクエストすることで行うことができます。ここでは確認書類を撮影して送信することで申し込みを行うことが可能です。必要とされる書類は個人の場合には本人確認書類で運転免許証やパスポートなどで、企業の場合には納税申告書や公共料金の請求書、会社の定款といったものになります。これらの確認できるものを送信すれば、規定に則って認証が行われ、問題がなければすぐに認証されます。

Facebookの場合にはInstagramと若干ことなり、バッチにもブルーバッジとグレーバッジがあり、前者はFacebookが著名人、メディア、ブランドなどの公式ページや公式プロフィールと認めているもので、グレーバッジはビジネスまたは組織や団体の公式ページと認めているものです。申請方法は、設定画面から認証を行いますが、前提条件として公開こと、プロフィール写真とカバー写真が設定されていること、また投稿されていることで、認証に関しては電話番号が必要で、さらに必要な書類を撮影して送信しなければなりません。

Twitterの場合も同様に設定画面から行うことになりますが、Twitterはガイドライン見直し中で、申請は一時停止中です。再開された場合には他のSNS同様に必要書類を撮影して送信する必要がありますが、Twitterの場合には公式であることを証明するための工夫が必要とされます。このため認証バッジを取得するにはTwitterの活動状況があることなど事前の準備が必要です。

関連記事
Twitterで企業アカウントを炎上させないための心得 2019年12月05日

SNSを利用した場合に注意しなければならないのが、炎上です。実際に炎上することによってかえって企業イメージやブランドイメージを傷つけることにもなりかねず、失われた信用を取り戻すためには長い時間が必要になります。特にTwitterでは匿名性が強いため情報が拡散しやすくこのため炎上しやすい性質があるもの...

Facebookで企業ページを作って見込み顧客を得る運用について 2019年10月26日

SNSにはさまざまな種類があり、そのすべてに情報を発信するというのは負担も大きなもので、ある程度は注力するサービスを絞ることが大事です。またその目的によってSNSでも適したサービスがありますから、それらの選別も重要なことになります。Facebookの場合には、世界一の利用者数を有しているためSNSマ...

動画で宣伝したい!YouTube広告の種類まとめ 2019年09月29日

YouTubeは世界最大の動画共有サイトであり、影響力も大きなものです。一方でSNSを利用する時にも動画をアップロードする場所として使われています。このようなYouTubeには動画に広告を付けることが可能で、それにより収益化することが可能です。一方でその幅広い利用者層から、宣伝広告をする媒体としても...

細かい設定で取りこぼしなく集客!インスタSEOのススメ 2019年09月10日

インスタグラムは写真を中心としたサービスであり、フォロワーを増やすことによってその影響力を高めていくことができるものです。影響力が高まることでビジネスとしても十分な宣伝広告の効果を得ることができます。このようなフォロワーを増やすためにはSEO対策も考慮しなければなりません。SEOは検索エンジン最適化...

自社製品を売り込むためにインフルエンサーを起用したいなら 2019年08月21日

SNSを使ってビジネスを拡大させていくということは、何も自身で行うだけのことだけではありません。誰かに自社製品を売り込んでもらうものがインフルエンサーと呼ばれるものです。インフルエンサーは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のことであり、インターネットが普及することで生まれたものです。このよう...