• ホーム
  • Twitterで企業アカウントを炎上させないための心得

Twitterで企業アカウントを炎上させないための心得

SNSを利用した場合に注意しなければならないのが、炎上です。実際に炎上することによってかえって企業イメージやブランドイメージを傷つけることにもなりかねず、失われた信用を取り戻すためには長い時間が必要になります。特にTwitterでは匿名性が強いため情報が拡散しやすくこのため炎上しやすい性質があるものです。このためTwitterで企業アカウントを運用するためには炎上させないための心得が必要です。

炎上させないためには、運用ルールの設定することです。企業アカウントでは複数の運用者がその発信や応対に関わることになり、そのうちの一人でも問題のある行動を起こせば、たちまち大きな問題となります。一度は発言したものは、例え削除したとしても拡散されてしまえばそれを消し去ることはできません。運用ルールでは第一にはネットリテラシーを学ぶことで、問題となることを理解することです。

ネットリテラシーはインターネットの問題点も理解して、目的となるものを探したり、または活用する能力のことです。ここには発信される情報を見て、それが正しいものか判断できる能力や、トラブルに巻き込まれないための自衛能力なども含まれます。炎上そのものは自ら問題のある発言をすることで起こるというイメージがありますが、それ以外にも問題のある発言に対して賛同するようなアクションをとれば、飛び火する可能性があるものです。これらに巻き込まれないこともネットリテラシーとして扱われます。ただ巻き込まれないことは無視するのが一番と思われがちですが、企業アカウントでは自身への攻撃や不利益になることに対しては適切に対応しなければなりません。

一方で自身で発言する時に気をつける必要があるのが差別的な発言や不謹慎、悪ノリといったものなどが挙げられます。差別的な表現というのは、デリケートな問題でまた理解していなければ差別的表現とわからないケースもあるものですし、不謹慎についても考え方によって変わってくるものです。このため運用ルールや事前の研修することで、問題がある行為を知っておくことが防ぐためにも欠かせません。悪ノリの場合には誰かが止めないことによって悪化することもあり、報告フローが重要です。

あくまでも企業アカウントでは、個人が行うのではなく多くの人が携わるものですから運用ルールの設定や報告フローを明確にすることでコミュニケーションを取り、炎上させかねない発言を未然に防ぐことができます。

関連記事
企業アカウントなら持っておきたい!認証バッジの申請方法 2020年01月13日

企業アカウントを作ること自体はそれほど難しいものではなく、誰でも行うことができるものです。しかし、一方で企業アカウントであれば持っておきたいものが認証バッジです。認証バッジはSNSサービスを提供しているところから、そのアカウントが公式アカウントであることを証明するというものであり、公式アカウント化す...

Facebookで企業ページを作って見込み顧客を得る運用について 2019年10月26日

SNSにはさまざまな種類があり、そのすべてに情報を発信するというのは負担も大きなもので、ある程度は注力するサービスを絞ることが大事です。またその目的によってSNSでも適したサービスがありますから、それらの選別も重要なことになります。Facebookの場合には、世界一の利用者数を有しているためSNSマ...

動画で宣伝したい!YouTube広告の種類まとめ 2019年09月29日

YouTubeは世界最大の動画共有サイトであり、影響力も大きなものです。一方でSNSを利用する時にも動画をアップロードする場所として使われています。このようなYouTubeには動画に広告を付けることが可能で、それにより収益化することが可能です。一方でその幅広い利用者層から、宣伝広告をする媒体としても...

細かい設定で取りこぼしなく集客!インスタSEOのススメ 2019年09月10日

インスタグラムは写真を中心としたサービスであり、フォロワーを増やすことによってその影響力を高めていくことができるものです。影響力が高まることでビジネスとしても十分な宣伝広告の効果を得ることができます。このようなフォロワーを増やすためにはSEO対策も考慮しなければなりません。SEOは検索エンジン最適化...

自社製品を売り込むためにインフルエンサーを起用したいなら 2019年08月21日

SNSを使ってビジネスを拡大させていくということは、何も自身で行うだけのことだけではありません。誰かに自社製品を売り込んでもらうものがインフルエンサーと呼ばれるものです。インフルエンサーは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のことであり、インターネットが普及することで生まれたものです。このよう...